女性のプログラマの仕事の探し方

基本的に、女性はどの業界でも雇ってもらいづらいです。いずれ、結婚や出産によって退職されてしまう恐れがあることが理由なので、そのつもりが無かったとしても色眼鏡で見られてしまう場合があります。

特に、プログラマは種類にもよりますが、数年かけて完成させるプロジェクトである場合もあり、その途中で結婚や妊娠によって退職されてしまうと、プロジェクトの遅延に繋がります。女性のプログラマが仕事を探す際には、女性でも積極的に採用していたり、一つのプロジェクトの納期が短く、短期間で一つの業務が終わる会社を探しましょう。

また、そういった会社である程度の経験を得て、結婚や妊娠によって退職して、フリーランスとして独立する方法もあります。独立さえしていれば、結婚をしていても自宅で仕事ができるので、途中で仕事を投げ出すこともありません。会社としても、そういったことをわかっているので、仕事を発注しやすいです。

妊娠や結婚によって色眼鏡で見られることも時折りあるのが現状です。そのような場合には、仕事の探し方を工夫して収入を得ましょう。また、一度就職した会社に貢献をして、良い関係を築くことができていれば、退職した後もフリーランスとして雇ってもらえたり、職場に復帰させてもらうことも可能です。必ずしも、そういった融通が効く会社とは限らないので、予め会社の制度や働きやすさについて調べておきましょう。働きやすい現場で働くポイント、女性フリーランスへの特集記事などへを目を通してみるとよいでしょう。

上手く、そういった会社に就職できれば、一生安定して働けます。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です